歯の矯正 インビザライン 使用状況 アレコレ

マウスピース(インビザライン )矯正を始めて1年3ヶ月が経ちました。

順調に行けば本当は去年の10月ごろで終わっていたのですが、一度装置を外したり、歯と歯の間のすき間が閉じ切らず続行になりました。

ここで前回の記事でインビザラインについて書いているのでよければ覗いて見て下さい。↓

マウスピース矯正(インビザライン)って実際のところどうなの? そう思うとなかなか矯正治療をする勇気が出ない。 そんな人へ向けて現在マウスピース矯正(インビザライ...

 

インビザラインの痛みやメリット、デメリットなどは上記にまとめた通りとなります。

矯正を考えいる方はお近くの歯医者でまずは無料相談へ行くことをオススメします。

実際のインビザライン 使用頻度

寝ている時は必ずつけています。

マウスピースをつけていても違和感なく熟睡できます。

痛みもほとんどありません。

基本は食事の時以外はつけていないといけないのですが、トータル6時間くらい外してしまっていたりします。

でも全然問題なく矯正は進んでると言われています。笑

インビザライン矯正をしていて困ること

付け外しの面倒

何と言っても一番厄介なのは付け外しがある事です。

特に外で食事をした後は外したままでいることが多いです。

食べた後にそのままマウスピースを入れると虫歯になりそうな気がするためです。

理想は食べたら歯を磨いてマウスピースをはめることですね!

歯と歯の間に物が詰まりやすくなった

私の場合は歯と歯の間に物が引っかかりやすくなりました。

元々、すき間がほとんどない歯並びだったのであまり歯と歯の間に物が詰まるっている感覚はなかったのですが、インビザラインをしてから歯と歯の間を研磨する事が多くなり物が詰まるようになりました。

なので必ず毎日フロスの使用は欠かせません。

虫歯ができそうで心配

インビザラインは歯の表面にアタッチメントと呼ばれる白い樹脂をつけて歯を動かしていく矯正です。

やはり樹脂の周りは歯磨きをちゃんとしても汚れが取りきれていない気がして心配になります。

特に歯ブラシの毛先が広がってきているとしっかりと磨ききれない感じがします。

なので必ず歯ブラシは1ヶ月に1度は交換するように心掛けています。

以前歯ブラシの選び方も記事にしているので参照してみてください↓

【永久保存版】歯のプロがおすすめする歯ブラシ9選歯科衛生士がおすすめしたい歯ブラシ9選。虫歯、歯周病予防、歯ブラシのヘッドの大きさなどあなたに合った歯ブラシがきっと見つかります。...

インビザライン矯正をして感じた絶対コレはあった方が良いもの

マウスピースは1、2週間で新しい物に交換していきますが、たまに次のマウスピースがまだ出来上がっていないと同じマウスピースを1ヶ月ほど使用する事もあります。

そうすると毎日お手入れしていても汚れが目立つようになってきます。

なので、マウスピース専用の洗浄剤の購入をオススメします!

やはり水洗いだけじゃどうしても汚くなってきますし、雑菌も気になりますよね。

毎日使う物だから綺麗にしたい!マウスピースの洗浄 除菌率99.9%

 

気になるインビザライン矯正の進み具合 顔貌の変化

まだ矯正は終わってませんが少し顔貌にも変化を感じるようになりました。

以前は顎がないような横顔だったのですが、少しだけ前に顎が出てきた事によって以前より綺麗な横顔になりました。(整形ではないので限界はありますが。)

Eラインと呼ばれる鼻の先から顎を結んだラインの中に口元入らなければ綺麗な横顔と呼ばれています。↓(画像参照)

基本的には白人さんをイメージしていただくと分かりやすいかと思います。

インビザライン矯正をしてみて思うところ

人によりますが、私の場合は歯を一本も抜かずに矯正をしているので歯の動く度合いには限界を感じます。

やはり本気で綺麗にしようと思うのであれば普通のワイヤー矯正で歯を抜いたほうがより綺麗になったのかなとも思います。

ですが以前、矯正歯科医院で勤めていた人とお話をした時に

歯の出っ張りをあまりにもなくすと、口元が寂しい感じの見た目になる

とおっしゃられていました。

確かにお年寄りの方が入れ歯を外した時の見た目はすごく老けて見えます。

全く同じではないですが、健康的な歯並びは口元の張りも大切ですね。

話がそれましたが、矯正は順調に進んでいます。